「保育所落ちた死ね」で感じたこと

保育所を落ちてしまって子どもを預けることができず、働けない母親。

「かわいそうに」と感じた人も、「私も同じ」と思った人もたくさんいたと思います。しかし、保育所にいけなくなったことで、母親と一緒にいれる時間が少しでも多くなったことは、その子どもにとって、良いことなのではないかと私は感じました。子どもを育てるのは、その子の親であるべきだという基本的なことを忘れてはいけないと思います。

もちろん、両親が共働きでないと生活することができなくて、てやむを得ず子どもを預けるしかないことはわかっています。

ただ、その子を育てるのは、その子の両親の勤めであって、子どもが母親と一緒にいる時間は絶対に多い方がいいに決まっています。

保育所を増やすための予算や保育士を確保するためのお金をもっと子育て世帯への手当にあててほしいと思います。

共働きをしなくてすむくらいの手当がもらえるとは思わないのですが、とにかく自分の手で子どもを育てる時間を増やしてほしいのです。保育所を増やすことより、親がきちんと自分の子どもと向き合って育てることができるように、少しでも子どもと一緒にいる時間が多くなる社会づくりが必要だと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です