宮城に行ってみたいなと思います。青葉城、伊達政宗、家電修理

震災が起きてから、岩手へ行ってその時、被災者に似顔絵を描いている画家さんを見ました。
ご本人も、被災されたとかで、やはり顔が暗かったのは覚えています。
あの時は、僕も激しくお腹が下っていまして、何かおむつでももってけばよかったですかね。冗談ですよ。

あの時、本当にお腹が緩み過ぎ、家の近くで、何だかノロウイルスか何かにかかっていて、かなりの高熱を出したのですよね。
覚えていますけど。
いやあ、薄着一枚で四月くらいに岩手行くと、こういう目に合うのですよ。

岩手は今どうなんでしょうね。実はあれから数年経って、宮城に行きたいとは思っていました。
仙台の専門学校で家電の修理を覚えたかったのですね。
家電修理専門をうたっていて、一年度の学費が、100万いかない学校でしたので、いいなとは思っていました。
ただ、聞いた話、今のデジタル家電を直すというのは、結構難しいとは聞いたので、それならアナログかと思っていますけどね。
そうでなくても、青葉城って見てみたいですね。
伊達政宗はどのような男だったのかというのもありますが、単に旅行で行きたいとはかなり思います。

しかし東北というと、その腹痛事件その後入院というのが印象に残っていて、恐らく周りから寒い時期はやめよと止められるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です