Monthly Archives: 8月 2015

ラジオ体操

夏になると小学生がラジオ体操を始めます。

以前は夏休み中だったのに、だんだん期間が短くなり私の近所では夏休み始まりの1週間と終わりの1週間だけラジオ体操をしています。自分のことを思い出すと小学1年生の頃は早起きラジオ体操が始まる前に行ってたけど、6年生になると寝坊しラジオ体操の途中から参加してました。

このまえから近所で小学生のラジオ体操がはじまったけれど、ラジオの音がとても小さいです。集まってくる小学生も声もそれほど大きくないです。近所から苦情が来たのだろうか。

音が大きいといえば大きいけれど10分やそこらで終わることだから。夜勤の人とか寝てすぐ大きな音をたてられると確かに嫌かもしれないです。

少し前、ラジオ体操は3分間でウォーキングなみの運動効果だの、有酸素運動などいって大人の間でもはやったことがありました。

職場でもオリジナルの体操があったり、10分間でも体をストレッチすると体がほぐれていました。何にでもブームがあるからラジオ体操は書店でも本を見なくなったし、ブームは下火になったのだろうか。個人的にはラジオ体操第2が好きです。普通は第1で終わりますね。一人でやろうけどうろ覚えです。テレビで体操の時間があるから一緒にやってみよう。肩こりもきくらしいです。

毎日続けたらいいかもしれない。

ドラマ

37.5℃の涙というドラマにはまっております。
妊娠する前は大学を卒業してからずっと保育士をしておりました。
恥ずかしながらこのドラマを見るまで病児保育士という存在を知りませんでした。
病院の中で預かる保育士は知っていたのですが、家の中でお母さんの代わりに子どもの面倒を見る保育士という仕事があることを知らなかったのです。
保育園では子どもたちがたくさんいるので、中々1対1という関係になることは珍しいです。
もちろん個々のかかわりはとても大事なので、何かあった時や遊んでいる時は目の前にいる子に一生懸命接しますし、常に周りに目を向けています。
病児保育士は、普通の保育士よりもたくさんの知識が必要だと思いました。
今日放送されたドラマでは、水野さんが演じる病児保育士は前から「仲良くなっちゃいけないの!」というセリフを言っていましたが、こんな過去があったんだ…と分かるストーリー展開でした。
子どもにとってたった一人のお母さん。かけがえのないお母さん。甘えたいし、ずっと自分のことを見てほしいって思うのは当たり前のことです。
ですが、お母さんも一人の人間です。自分の時間も欲しいし、自分も甘えたい。けど、大人なのでその欲求に直になれずにいる。
難しいですよね。
今では私も一児の母です。このドラマを見るたびに、寝ているわが子を見に行って、明日も一緒に遊ぼうね。と心で語り掛け、そっと頭をなでます。

日々忙しいお母さんに見てほしいドラマだと思いました。

映画:銀の匙

「今日・明日はGEOのDVDレンタルが旧作・準新作80円!」という名目につられて、アルバイトの後、DVDを3本も借りてしまいました。
借りたのは、「銀の匙」「SPEC」の映画2本です。どちらも、予告をチェックしていたのに見忘れていたので、これを機に観賞することにしました。

今日は早速見た「銀の匙」の感想を書いていきます。
この作品を観たかったのは、まず荒川弘さん原作の漫画が大好きだからです。
荒川さんの漫画は、「鋼の錬金術師」や最近では「アルスラーン戦記」(原作者は別の方だったかな?)などなど、中学校のころからすべて購入していました。
今回の「銀の匙」は特に好きな作品で、主人公の八軒くんをはじめ、個性の強い生き生きとしたキャラクターやにぎやかな人間模様がすごく好きな作品でした。

ただ映画の総評は…★2つ(5点満点)、といったところでしょうか。漫画の期待値がすごく高いがゆえに少し映画の内容は残念だったように思います。
個々のキャラクターは、よく探したなー。と思うほど外見は結構似ている人が多かったんですが、物語の動きが静かすぎたように思います。
漫画のキャラクターたちがすごく生き生きしていることを知っている為のギャップだとは思うのですが、コメディ感がほとんどなくなっていたのは特に残念です。
やっぱり、原作を知って映画を観る、というのはあまりしない方がよいのかもしれません。

カラオケで暑さをしのぎました。

外出中に暑かったので、カラオケ屋に涼みに行きました。
学生の時は、よく友達とカラオケに行っていたのですが社会人になってからは、しばらく行っていませんでした。
料金は、ワンドリンク制で室料がかかります。
私は90分間いたのですが、請求金額は400円ほどで遊ぶ事が出来ました。
店内にはドリンクバーがついていてソフトクリームも食べる事が出来ます。
通信費の負担が現在は、高い人が多い為にカラオケに遊びに行く人が減ったという事を聞いた事があります。
そのような事情も関係してか、安い金額で涼む事が出来ました。
カラオケの通信機器が進化していて、声認証で歌いたい歌をマイクに向けて言うと、歌の予約がとれました。
私は、最近日常生活でストレスが溜まっていたので舞祭組などを歌ってスッキリしてきました。
カラオケ屋によっては、キッズルーム併設だったり料理がレストラン並みに美味しかったり食べ物の持ち込みが自由だったりとサービス内容が良くなっています。
ひとりカラオケも歓迎な雰囲気なので猛暑にちょっと涼みたい時には結構おすすめです。
お店で料金を精算後には、10%オフのクーポンをいただくことができました。
お盆中は混みそうなのでちょっと避けますが、
また、外出中に喉が乾いたらカラオケに休憩に行きたいと思います。

スーパーボールの思い出

スーパーボールをご存知でしょうか?私はNFLの試合が大好きで、マイアミ・ドルフィンズを応援していますが、今回はあのアメリカンフットボールの大試合の事ではなく、ゴムで出来たもの凄く弾むボールの事を指しています。
 
元々アメリカで造られたボールらしいのですが、子供の頃は大好きで、よく近所のおもちゃ屋や駄菓子屋に買いに行きました。夏祭りの時に、スーパーボールすくいを経験したことのある人も多いのではないでしょうか。

私はあまり外遊びをしなかったので、スーパーボールで遊ぶ時は、専ら家の中で、空き缶や空き瓶を的として並べ、当てて遊んでいました。
このように書くと、もの凄く寂しく遊んでいたように思われてしまいますが、実は私には2人の遊び相手がいました。それは、家で飼っていた犬と猫です。犬とは庭で、猫とは室内で遊び相手をしてもらっていました。
スーパーボールの扱いに関しては、私よりもこの2人の方が遥かに上手だったので、私の師匠と言えるでしょう。ボールを追いかけ、俊敏且つ軽快に飛び跳ねる姿が、とても印象的でした。

そんなこともあり、スーパーボールを集めて100個以上になった事もありました。今はもう2人の師匠はいませんが、スーパーボールを見ると一緒に遊んだ日々を懐かしく思い出すのです。

暑い日が続くと・・・

東京でも30度を超える日が続くと、心配されるのが熱中症です。
子供がいる人や、一人暮らしのお年寄りは特に注意をしなければいけません。

私の母はヘルパーをしているので、毎日お年寄りの家へ行き手伝いをしてきますが、多くの家がエアコンを付けずに閉めきっていることがあるそうです。
お年寄りにとっては30度の気温は暑くない感じているのです。暑くないと感じてしまうので水分を摂ることを忘れてしまい、熱中症にかかってしまいます。
お年寄りの一人暮らしが多く、酷暑の今の季節には気を付けなければいけません。

また、小さい子供がいる人にとっては、エアコンが寒く感じてしまうのではないか気にかかります。
私の息子はもうすぐ2歳になります。家の中にずっといることはできないので、外出もしますが帽子と飲み物は必ず持ち歩き、こまめに水分を摂らせています。
プールもいいのですが、用意した水がすぐに温水になってしまいます。

酷暑が続いて、地球温暖化などが気になりますが、以前テレビで学者の方が言っていました。
地球ができた40億年前から今までを長い目で見ると、気候は波を描くように寒暖差があるそうです。
今の時代はちょうど暑い時期に当たり、また長い時間をかけて寒い時期が来るとのことでした。

「酷暑」という言葉を耳にする機会が多く心配もしてしまいますが、まずは自身の体調管理を第一にこの夏を乗り切りたいものです。