庭が色づき始めましたね。四季っていいですね

庭を眺めていたら、いつの間にやら紅葉の季節ですね。
木々が紅くなってきているように見えます。
夜になると、自分の住んでる所は、関東では割と寒い部類に位置するので、ちょっと冷える時もあります。
九月となると、後半には一枚着ていないとまずいと思うでしょうけど、まだ少し残暑がって時でも、ちょっと冷えます。

なんて思っていたら、自分の体温も影響しているのかなと思いました。
元々、低体温です。たばこ吸い過ぎ、冷たい物をよく飲むなど結構やってます。夏場でも、扇風機かけながら冷水を飲みまくり、胃を痛めたという事をやっていました。
体が暖まるものって何かないですかね。普通に三食食べなさいと言われればそれまでですけど。

低体温に加えて、血圧も自分凄い低いんですよね。
上が100すれすれなんてざらにありますから。糖尿で血圧高くないってのは本当に助かりました。
父親も、元々血圧は低いんです。
その影響なんでしょうね。

なんて書きながら、外を眺めていて、今年の春、変な女から離れて、実感のわかない自分に、親があれがニセアカシアという木だという話をしていたのを何となく覚えていました。
花言葉のようなのにしてはきれいだなと思いましたね。あれも冬になる頃には、葉が落ちていくのでしょうかね。

とあるブログを見てキレる母

うちの親がとある人のブログを見ていて、こんなに発情している人を見た事がないと憤慨していました。
ふうんと興味のない僕です。

女性って取り合えず、よほどの事がない限り、脱げば、男性がなびくようになっているのですよね。
でも、そこだけに拘るとどうなのかなあと思います。
そっちだけの関係って風俗や出会い系とそれ程差がないでしょ、と思うのですが、やはり母親として、こういう同姓がいる事自体に怒りが込みあがるらしく、性的欲求そのものは仕方ないにせよ、そんな事をブログに書くなだそうです。
因みに中年女性のブログだそうですよ。

一度、好きでもないけど、性的な関係を持った女性と接しました。
ろくでもなかったです。その人は、自分が誘ってきながら、僕が襲っただとか周囲に言いふらしていました。
性に走る、特に変な趣味の人ほど、後が危ない場合が多いです。
だから見ないのが一番いいのだよと、僕は母に話しました。そんな事より、やる事は沢山あるだろう、下らないブログばかり見ていてはいけないよという感じです。

因みに中年女性って、それなりに男を落とすテクニックを心得ていると聞いた事がありますね。
まあ僕には関係のない話なのですが。どちらかというと、癒してくれる人が欲しいです。

宮城に行ってみたいなと思います。青葉城、伊達政宗、家電修理

震災が起きてから、岩手へ行ってその時、被災者に似顔絵を描いている画家さんを見ました。
ご本人も、被災されたとかで、やはり顔が暗かったのは覚えています。
あの時は、僕も激しくお腹が下っていまして、何かおむつでももってけばよかったですかね。冗談ですよ。

あの時、本当にお腹が緩み過ぎ、家の近くで、何だかノロウイルスか何かにかかっていて、かなりの高熱を出したのですよね。
覚えていますけど。
いやあ、薄着一枚で四月くらいに岩手行くと、こういう目に合うのですよ。

岩手は今どうなんでしょうね。実はあれから数年経って、宮城に行きたいとは思っていました。
仙台の専門学校で家電の修理を覚えたかったのですね。
家電修理専門をうたっていて、一年度の学費が、100万いかない学校でしたので、いいなとは思っていました。
ただ、聞いた話、今のデジタル家電を直すというのは、結構難しいとは聞いたので、それならアナログかと思っていますけどね。
そうでなくても、青葉城って見てみたいですね。
伊達政宗はどのような男だったのかというのもありますが、単に旅行で行きたいとはかなり思います。

しかし東北というと、その腹痛事件その後入院というのが印象に残っていて、恐らく周りから寒い時期はやめよと止められるでしょうね。

忙しさが一段落したので・・・。

何気なくインターネットを見ていたら、某大手インターネットショッピングサイトのクレジットカードを新規作成すると大量のポイントがゲット出来るというキャンペーンを目にしました。
最近よくそのサイトでお買い物をしているので、これはお得!と思い早速カードを作りました。

すでに何枚かクレジットカードを持っていますが、ほどんどの物が昔買い物中に勧められてなんとなく作ってしまった物が大半です。
1度作ったカードは何かのきっかけがないとそのまま持ち続ける事が多いと思います。
私の場合は入会費や年会費が一切かからないカードを複数持っていて状況に応じてほぼ毎月特定のカードを使っていますが、今持っているカードにお得感や使っている利点をなかなか見い出せない状態でした。

基本的にニコニコ現金払い(←古い言い方でしょうか)ですが、全くカードを使わないわけではないので、今回今持っているカードよりポイントが貯まりやすい新しいカードを作った事をきっかけに、持っているカードの整理をしてみようと思います。
多数のクレジットカードを持っていると万が一盗難に遭った時にカードの利用停止の連絡等が大変ですので・・・。

忙しいとなかなか自分の持ち物や生活を見直す事が出来ませんが、その時その時のライフスタイルに合わせて定期的に持ち物等の見直しを行ってみる事はとても大事ですね。

あましょくから童心に帰って思い出すふるさとの風景

お腹がすいたので、コンビニいきました。
あましょくなんてうってんねー。とびっくり。
ただ、コンビニの出し惜しみ買いというのはあります。
高価そうに見える120円以上のものに、手を出せない自分がいます。コンビニは、現代のたばこ屋程度でしょうか。

ほんと、安物のたばこが出回ってくれたのには感謝だなあ。
喫煙歴が長いと、すえればなんでもいいって感じになるんだよね。
たばこありき、ほんと無いと、人間性が崩れ落ちるような気がします。

所で、あましょくというと地元小田原にあるパン屋に、あましょくがあったのよ。
んで、おじさん小さなころ、美味しいと買ってもらった記憶があるんだよ。
懐かしかったな。何か童心って大体あるんじゃないですか。あの世界にもどるね。
何だか、子供の頃って、何も考えなかったよねえ。
お父さんお母さんや友人がいて、無邪気に遊べていたよねえ。
そういう時代に戻りたいなあとあましょくで、思う事がありました。
坊主頭で、スポーツやったり、アニメキャラの真似や、友人と今日おまえんちに遊びに行くからな、あのゲームもっていくから買ったら、チョコおごれよ、だとかそんな世界です。
なんでか、中年になると、そういう記憶になるけど、でもまだまだ俺もこれから。やることはあるさ。へいとかっこつけるおじさん。

角にできる薬局

角にある薬局が改装を始めてからもう一ヶ月経ちました。先週あたりから人の出入りが多くなって、窓ガラスに白い紙が貼られ、そのすきまから中の様子がうかがえれるようになってきました。
コンビニなどは街の中だと数百メートル行けば別のチェーン会社のがあります。薬局はまだそこまで多くなかったので、地域からなくなると困るなと思っていました。

窓ガラスに貼られた紙が追加され、次のお店の宣伝が書いてありました。なんと、ライバル薬局に変わるというのです。よく街のど真ん中辺りでライバル会社に取って代わられた、というのはありましたが、自分の住んでいる小さな地域でも起こったこの出来事にびっくりしました。

実のところ、前に入っていた薬局は割合気に入っていたほうでした。化粧品も日常使いできる種類から少し高価なものまでありました。また、カウンセリング化粧品のお試しサイズも売ってたこともあり、わりと買いやすいな、と感じていました。もう一点よかったことは百円ショップみたいなコーナーもいっしょにあったので、買い物ついでに見たりでき、入りやすかったのです。

今回新しくオープンする薬局のチェーンはどちらかというと薬局と日用品の品揃えがさらに多いと思います。店員さんは売り場面積の割りに多くはないので、合理的な経営が成功していると思います。コストを抑えたシステムが値段に反映されていくといいです。

そして今回オープンする薬局の一番のメリットはメンバーズカードがあることでしょう。私は半年前、別のところにあるお店で作ったので、もっと家から近いお店で使えることになり便利になりそうでうれしいです。ちょっと期待が膨らんでいます。

ラジオ体操

夏になると小学生がラジオ体操を始めます。

以前は夏休み中だったのに、だんだん期間が短くなり私の近所では夏休み始まりの1週間と終わりの1週間だけラジオ体操をしています。自分のことを思い出すと小学1年生の頃は早起きラジオ体操が始まる前に行ってたけど、6年生になると寝坊しラジオ体操の途中から参加してました。

このまえから近所で小学生のラジオ体操がはじまったけれど、ラジオの音がとても小さいです。集まってくる小学生も声もそれほど大きくないです。近所から苦情が来たのだろうか。

音が大きいといえば大きいけれど10分やそこらで終わることだから。夜勤の人とか寝てすぐ大きな音をたてられると確かに嫌かもしれないです。

少し前、ラジオ体操は3分間でウォーキングなみの運動効果だの、有酸素運動などいって大人の間でもはやったことがありました。

職場でもオリジナルの体操があったり、10分間でも体をストレッチすると体がほぐれていました。何にでもブームがあるからラジオ体操は書店でも本を見なくなったし、ブームは下火になったのだろうか。個人的にはラジオ体操第2が好きです。普通は第1で終わりますね。一人でやろうけどうろ覚えです。テレビで体操の時間があるから一緒にやってみよう。肩こりもきくらしいです。

毎日続けたらいいかもしれない。

ドラマ

37.5℃の涙というドラマにはまっております。
妊娠する前は大学を卒業してからずっと保育士をしておりました。
恥ずかしながらこのドラマを見るまで病児保育士という存在を知りませんでした。
病院の中で預かる保育士は知っていたのですが、家の中でお母さんの代わりに子どもの面倒を見る保育士という仕事があることを知らなかったのです。
保育園では子どもたちがたくさんいるので、中々1対1という関係になることは珍しいです。
もちろん個々のかかわりはとても大事なので、何かあった時や遊んでいる時は目の前にいる子に一生懸命接しますし、常に周りに目を向けています。
病児保育士は、普通の保育士よりもたくさんの知識が必要だと思いました。
今日放送されたドラマでは、水野さんが演じる病児保育士は前から「仲良くなっちゃいけないの!」というセリフを言っていましたが、こんな過去があったんだ…と分かるストーリー展開でした。
子どもにとってたった一人のお母さん。かけがえのないお母さん。甘えたいし、ずっと自分のことを見てほしいって思うのは当たり前のことです。
ですが、お母さんも一人の人間です。自分の時間も欲しいし、自分も甘えたい。けど、大人なのでその欲求に直になれずにいる。
難しいですよね。
今では私も一児の母です。このドラマを見るたびに、寝ているわが子を見に行って、明日も一緒に遊ぼうね。と心で語り掛け、そっと頭をなでます。

日々忙しいお母さんに見てほしいドラマだと思いました。

映画:銀の匙

「今日・明日はGEOのDVDレンタルが旧作・準新作80円!」という名目につられて、アルバイトの後、DVDを3本も借りてしまいました。
借りたのは、「銀の匙」「SPEC」の映画2本です。どちらも、予告をチェックしていたのに見忘れていたので、これを機に観賞することにしました。

今日は早速見た「銀の匙」の感想を書いていきます。
この作品を観たかったのは、まず荒川弘さん原作の漫画が大好きだからです。
荒川さんの漫画は、「鋼の錬金術師」や最近では「アルスラーン戦記」(原作者は別の方だったかな?)などなど、中学校のころからすべて購入していました。
今回の「銀の匙」は特に好きな作品で、主人公の八軒くんをはじめ、個性の強い生き生きとしたキャラクターやにぎやかな人間模様がすごく好きな作品でした。

ただ映画の総評は…★2つ(5点満点)、といったところでしょうか。漫画の期待値がすごく高いがゆえに少し映画の内容は残念だったように思います。
個々のキャラクターは、よく探したなー。と思うほど外見は結構似ている人が多かったんですが、物語の動きが静かすぎたように思います。
漫画のキャラクターたちがすごく生き生きしていることを知っている為のギャップだとは思うのですが、コメディ感がほとんどなくなっていたのは特に残念です。
やっぱり、原作を知って映画を観る、というのはあまりしない方がよいのかもしれません。

カラオケで暑さをしのぎました。

外出中に暑かったので、カラオケ屋に涼みに行きました。
学生の時は、よく友達とカラオケに行っていたのですが社会人になってからは、しばらく行っていませんでした。
料金は、ワンドリンク制で室料がかかります。
私は90分間いたのですが、請求金額は400円ほどで遊ぶ事が出来ました。
店内にはドリンクバーがついていてソフトクリームも食べる事が出来ます。
通信費の負担が現在は、高い人が多い為にカラオケに遊びに行く人が減ったという事を聞いた事があります。
そのような事情も関係してか、安い金額で涼む事が出来ました。
カラオケの通信機器が進化していて、声認証で歌いたい歌をマイクに向けて言うと、歌の予約がとれました。
私は、最近日常生活でストレスが溜まっていたので舞祭組などを歌ってスッキリしてきました。
カラオケ屋によっては、キッズルーム併設だったり料理がレストラン並みに美味しかったり食べ物の持ち込みが自由だったりとサービス内容が良くなっています。
ひとりカラオケも歓迎な雰囲気なので猛暑にちょっと涼みたい時には結構おすすめです。
お店で料金を精算後には、10%オフのクーポンをいただくことができました。
お盆中は混みそうなのでちょっと避けますが、
また、外出中に喉が乾いたらカラオケに休憩に行きたいと思います。